2014_04
05
(Sat)14:24

デビスカップ初日

4月4日(金)デビスカップ初日 シングルス2試合を観戦してきました。
雨を心配していましたが、有明は暑いくらいのいい天気で、持っていった折りたたみ傘は家~帰宅まで不要でした。
錦織選手が欠場とわかっていたので、11時待ち合わせを12時に変更し、友達と有明コロシアムへ。
入場して応援グッズ(空気を入れて棒状にしてつかう一組のあれ)を手渡されました。
ouenguz.jpg
手に持って応援すると集中して見られないし、邪魔なので私(友達も)は使いませんでした。会場で使っている人もあまりいませんでした。
ベスト8になったから配られたんでしょう。歴史的快挙がこんなところからも垣間見えます。

中へ入るとJAPANチームが練習しているところでした。
jtrensyutyu.jpg
自由席(2階&3階)の前方席は埋まっていますが、サイドとコートサイドなどの指定席はまだがら空き。私たちのいる方のサポーターズシートはほとんど埋まっていました。気合が入ってるな~と思いました。
私たちはサポーターズ席の2階に座ったので、応援の太鼓とかけっこううるさかった(^^;)テニスの試合を観戦したことのある人は知っていると思いますが、応援は地味ですからね。

開会式のあと、13時から一試合目が開始。
1試合目のTIMEのコート
kyukei.jpg
4ゲーム目だったかに伊藤選手の動きが悪くなったなあと思ったら、トレーナーがきて治療にあたっていました。
テレビと違って会場は説明がないので、大丈夫かな…、と見守るしかありません。
幸い大丈夫なようで、試合続行。
チェコの格上選手が自分の思うようにプレーできずにイライラしていたのを見て、日本のレベルが上がってきているのを実感しました。もともと勝てない相手ではないですし。
1ゲーム目が60分以上もかかり(!!)4時間くらいの激闘でした。惜しくも伊藤選手は敗れてしまいましたが、いい試合を観ることができました。
見ごたえ十分な試合で、生で観戦できたのがとても嬉しかったし、楽しかったです。僅差で負けてしまったのが惜しかった!

双眼鏡を持っていかなかったので、自分の目で確認できていないのですが、錦織選手がベンチにいました。
japanmember.jpg
第一試合はなんと、17時頃に終了。
第二試合は17時25分開始でした。

nisiaime.jpg
錦織選手の代わりに出場したダニエル太郎選手とチェコ選手の試合前の撮影時間。←報道陣向けの
ダニエル選手はデビスカップがデビュー戦だったのですが、試合中の動きやボールボーイへの指示を見ても、初めてとは思えませんでした。生まれがアメリカだからだと思いますが、プレイスタイルが日本人ぽくない。豪快なんだもん(笑)
解き放たれた野獣のよう(友達表現。私も同意です)でした。
相手のプレイを吸収しているようで(某漫画の彼みたいに)ゲームを重ねるごとに上手くなっていくんです。
チェコ選手はサーブが常に200km超えでダニエル選手は返すだけでいっぱいいっぱい。自分のサービスゲームも相手のリターンが早い。試合展開速度は第一試合の半分くらいで、日本が押されてる展開なのですが、ゲーム内容を見ると肉薄しているという不思議な試合でした。チェコの選手はかなり疲れているようなのに、ダニエル選手は体力が余裕そうでした。
第一、二ゲームはチェコ、第三、四ゲームは日本 
勝利がかかった最終第五ゲーム。当てるしかできなかったチェコ選手のサーブへの対応がよくなりました。それまで下がらないと返せなかったのが、前に出て受けられるようになっていた、すごい。まあ5ゲーム目で相手も疲れていたでしょうけど、それでも200km近いサーブでしたから。
第二試合も惜敗でしたが、日本が強くなっているのがよくわかる試合でした。
第二試合は21時少し前に終了しました。
伊藤選手、ダニエル選手ともに相手を抜くところは一番盛り上がりました。粘り強さもすごかったです。

チェコにとっては大きな誤算だったと思います。日本もチェコもエースが欠場なのは同じ条件ですが、伊藤選手&ダニエル選手がここまで押してくると思っていなかったでしょうし。
お時間がある方は、今日・明日のデビスカップにぜひ行ってみて欲しいです。

で、応援のこと。
いつもと違い、太鼓などがOKだったのですが、ノリがサッカーやバレボールの試合のようで、テニスの試合っぽくなかったです(^^;)
セットポイントの時に「あと1点」コールとか、サーブを打つまでの短い間に「ニッポンチャチャチャ」とかバレーじゃないんだから、と思ったり。サーブを打つまでの短い間の応援が長くて、サーブに集中したい選手からするとちょっと邪魔かなと思うんですよね。主審があまりのうるささと途切れなさに「Thank you」と黙らせる場面が何回もありました。
で、第二試合で一回ツーバンでチェコ選手が打った気がするのですが、監督の抗議は受け入れられず、相手のポイントになったところが気になりました。こういうのも映像で確認できるようになるといいのにな。
それと、隣のオジサンが「あー」とか「長すぎる」とか日本選手が打つごとに言うのが、とてもうるさくて口を閉ざしてやりたかったです。プレイしているのはプロで初心者(オジサン)じゃないんだから、打っているボールにはスピンがかかっていて、コートに入らないミスとかないから!腰が回らなかったりなど状態によってスピンがかからなくてラインを超えてしまうこともありますが。二試合目の第二ゲームが終わったくらいに右隣がずら~と空いたので、うるさいオジサンから離れて同列の端っこ(オジサンは左の端っこ。奥さんと来ていたけど、奥さんが先に帰ったみたい。この夫婦は二人で来ているのに、二人の間に荷物を置いて3席を使っていた。自由席でも、こういったことはマナー違反でしょ。一人でも多くの人が座れるように心配りするのも大事ですよね)に移ったんですが、それでも「あー」って聞こえて辟易。途中で帰ってくれてようやく静かになりました。
試合中に大きい声で話したり、野次を飛ばすのはマナー違反。これは基本です。
ゴミ箱があるのに席にゴミを放置して帰るのも個人的に止めて欲しいです。試合途中で帰る人がこれをやると、座りたいと思った人がその席に座れなくなりますからね。
それと、いいプレイに拍手するのは基本ですが、
・相手のミスで日本がポイントをとれたときの拍手
・日本選手がボールに追いつけずにポイントを取られた時・ダブルフォルトをしてしまった時の「あ~っ!という溜息
これがとても気になりました。ミスに対して喜ぶのは(他のスポーツはわからないけど)テニスに関してはどうかと思うし、観客の溜息は選手のモチベーションを下げる原因にもなります。誰だってミスしたくてしているわけではないのですから、そこは心の中の溜息に留めるべきでしょうと私は思います。
あとはチェコ選手が チャレンジ した時に「フォルトフォルト!」と叫ぶオジサンがいましたが、黙ってろ!と思いましたね。こういう人はスタッフに追い出されて出入り禁止にされるといいと思います。
デビスカップでベスト8に入ったのは戦前戦後初めてのことですし、話題だけで観戦した人が多そうなのでこういったことがあったのかなと推察しています。
観戦のマナーを知った上で、試合を観戦して欲しいなと思った次第です。
いつもの太鼓とかを使えないテニスの試合を観戦するほうが私は好きかなとも思いました。
それとテニスを習っているらしい子供たちが「錦織のサイン~」とか「ダニエルって~」と話していたことが不愉快でした。目上の人を呼び捨てにするなと親はしっかり躾て欲しいです。テニスの先輩を呼び捨てにするのはいただけないと思うのですよ。
テニスの試合は予定時間に開始しますし、プレイ中は扉の近くで待っていないといけない、ということを知らない人が多いようで、開始直後に扉のところに人が殺到していました(^^;)せっかくチケットを買っているのにもったいないなあと思った私です。

試合は18時頃に終わるだろうな、と思っていたので、約8時間も観戦することになるとは思いませんでした。WOWOWの松岡さんの解説がどうだったかも気になります(笑)観戦しながら、「熱くなってるだろうね~」と話していました。
一日で三日分の試合を観戦した気分です(笑)
すっごい楽しかった!友達が一緒だったし。有明が近かったら、今日・明日も観戦したかったなあ。三日間通し券なら安いし(自由席だけど)
またテニス観戦に行くんだ(*^▽^*)
スポンサーサイト



  
«  HOME  »

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント