2014_07
28
(Mon)15:14

名刺ケースをリメイク

今日はそこそこ涼しくて過ごしやすいですね。
傷口はまだ時々「うっ!」とする痛みに襲われますが、休みながらなら左腕を動かせるようになりました。
で、ちょっとづつリハビリするか~と思い、名刺ケースをリメイクをしてみました。休みながら作ったので、とても時間がかかりました(^^;)


普段使っているのは、昔会社の名刺を入れるのに買った
20140726132544.jpg
アルミの名刺ケース@無印良品 なのですが、
今回リメイクしようと思ったのは、透明なケースです。
写真を撮るのを忘れたので画像は使ったケースと違うものですが、イメージとしてはこんなの。
20140726132423.jpg

A4サイズのシールに英字を印刷したものを用意。画像は使用後です…。
20140726131442.jpg

全面にシールを貼って完成。
meicase3.png

で、コラージュする予定でしたが、使いたい素材を合わせたところ微妙だったので、切手シールをワンポイントに貼って終了となりました(笑)

そうそう、名刺ケースつながりで、こんなの発見しました。
169900156.jpg
値段は確か1600円。た、高っΣ( ̄□ ̄)!
アニメグッズとかの名刺ケースって高いな~って思うけど、その2.5倍位くらいする値段。
テニスグッズがつい欲しくなるけど、これは買わないな。高いから(笑)
スポンサーサイト
2014_07
25
(Fri)11:11

現状報告とブレスレット

お久しぶりです。ブログの更新がない間も遊びにきてくださりありがとうございます(*ノωノ)
まだ数分立て続けに動かすと痛みがあり、何もしていないときも数時間置きくらいに針で絶え間なく刺されているような痛みがありますが、一昨日と昨日とで抜糸をしました。
傷はまだふさがっていませんけど(^^;)先生曰く、思ったよりきれいに治っているそうでよかったです。
実はプラスチックテープがかぶれるので、治療3日目に紙テープでガーゼを止めてもらうようにしたのですが、翌日、一か所みごとに水疱ができてしまいました(T^T)怪我の消毒よりしみて大変でした。今は薄皮がはりつつあるのでそんなにしみない。水疱ができてしまったあとはテープでとめること自体をなくし、ガーゼ→包帯はテープ止め→網?になりました。でも、網が肌に長時間触れると赤くなるので(包帯もかゆくなってくるから、ときどき薬を塗ってます)触れないようにかぶせてもらったりして(^^;)
普段から洋服の襟のタグとか硬いのはダメなので、私の肌には天然素材しかだめっぽい。
何から何まで片腕だと大変×10。怪我してるときくらい洗濯を代わって欲しいんですが、代わってくれないので(母が頼めばちょっと手伝ってくれる)干して取り込むまで片手で、取り込んだものは放置して自分でたため!にしています(笑)

---------------------------------------------------

腕を怪我する前、お友達へのプレゼントに【ダブルブレスレット】を作りました(*⌒▽⌒*)

wbrslt1.jpg

トリコロールは絶対。ある人が連想できるチャームを使い、夏っぽい感じにしてみた。
気に入ってもらえて一安心v
腕が治ったら自分の分も作るんだ…!
2014_07
14
(Mon)18:43

やってしまったorz

ご来訪いただきありがとうございます。
今朝うっかり怪我をしました。肉がえぐれていたので念のため病院で消毒してもらおうと行ったら、思っていたより悪く、人生で初めて縫いました(><。)
肉が盛り上がってくっつくまで4週間くらいかかるらしいorz
左腕の肘あたりなので利き手ではなくよかったですが、痛くて動かすのがつらいので、
お返事など両手でキーボードが打てるまでお休みさせていただきます。右手だけでキーボードを打つのは大変で…。
ましになるまで、いろいろとお休みします。
2014_07
10
(Thu)22:18

サシェ

台風が関東に近づきつつあります。
大きな被害もででいるようで、自然の脅威はやはり怖いですね…。

急に思い立って(わりといつもそうかも?)サシェを作りました~。
材料をすりつぶすとかはしていないので、厳密にはサシェではないのですが、気持ち的にってことで。

<用意したもの>
・余っている布
・プレゼントに使われていたリボン
・ラベンダー(よく乾燥させたもの)
・針と糸

材料費はゼロです(笑)

sashe1.jpgsashe2.jpg

柄が少しだけ入っている和柄の余った布を作りたい大きさにカット。
ラベンダーは庭のプランターに咲いているのをとってきて、乾燥させておきました。
まずは袋口を三つ折りにし、まつり縫い。
sashe3.jpg

柄を正面にもってくるのに、布のあまり方が中途半端だったので、まずは合わせ部分を半返し縫い、縁かがりしました。
袋の底部分も同様に縫って袋が完成。
sashe4.jpg

袋を表に返して、端っこを物差しで整えて、ラベンダーを花だけにしたものを中へ詰めます。
sashe5.jpg

リボンで口を閉じて、サシェの完成~~ヽ(^▽^)/
sashe6.jpg
箪笥の中に入れました♪
貰ったり買ったりしたラベンダーのサシェもあるけど、香りが弱くなってくるので。
ラベンダーの香りって落ち着きますよねv ハーブティーで飲むのはあまり好きではないのですが、お風呂に入れたりとか、香りを楽しむのは好きです。

という記事は昨日書くつもりだったのですが、雷が鳴っていたのと気力がなかったので今日になりました。
2014_07
05
(Sat)18:45

台北 國立故宮博物院

※全文書いたあとに追記にして書かなかった事に気が付いたので、今日は長いです。


昨日、TNMで開催中の【台北 國立故宮博物院 神品至宝】を観に行ってきました。
kokyuticket.jpg
開館前に着く予定でしたが、一時間遅れで到着。
すでに長蛇の列!
まずは目当ての 翠玉白菜 を鑑賞すべく、180分待ちの列に並ぶ。
hakusaikan.jpg
雨が止んでいたので、傘をささずにすみました。しばらくして雨が降ってきましたが、テントのある場所まで進んでいたので傘は使わず、テントから本館の間のわずかな距離だけ傘をさすだけでよかったです(^^)

まずは至近距離でゆっくり歩きながら鑑賞。
茎の筋やひらひらした部分が精密に彫られていて素晴らしい…!!
キリギリスとイナゴもこんなのよく彫れるな、っていう小ささで、驚くばかりです。
葉のひらひら感、みずみずしさも感じられたし、高さ19センチの翡翠の彫り物とは思えない。
なにより、この2色になったヒスイを見つけないと彫れないのだから、根性入ってますよね。ヒスイという宝石としての価値は低いでしょうけど、19センチにするにはそれ以上の原石が必要となるわけですし。
ちょうど昼頃に見たのですが、空いていたらしく、一巡目のあとはパーテーションを挟んだ二列目から、好きなだけ鑑賞していいですよって言われました。

<字図解>

入口
                        出口 
     1巡目              
好きな 1巡目          1巡目好きな~
     | 1巡目   翠玉白菜  1巡目好きな~
好きな   | 1巡目1巡目1巡目
    ---------------パーテーション
      好きなだけ鑑賞していいエリア

閉館までいてもいいって学芸員の人が言ってた(笑)
なので、10分くらいじ~~~っくり鑑賞してきました♪
うーん、ラッキーな時間に着いてよかったわ~~。
前の5時間待ちに比べたら3時間なんて軽い軽い。
本当に素敵なものを鑑賞できて嬉しかった(^▽^)
特別室に入って並びながらも、翠玉白菜は隙間からちらちら見られるんですが(上の字図解の回りは黒い壁で囲ってあって、小さな窓があるのでそこから)おばちゃんがたが口々に「案外小さいのね」って言ってた。玉(ぎょく)を彫ってるんだから、大きいわけないでしょ!と心の内で何度突っ込んだか(笑)19センチだってとても大きいと思います!塊での発見だって難しいでしょう。

翠玉白菜の列の途中、テント下の机に置いてあったフリー配布物
kokyunewspaper.jpg
を見ながら、本館の地下ドリンクコーナーでお昼ごはん@おにぎりを食べつつしばし休憩。
それから翠玉白菜以外の展示を見に出発。
kokyuukan.jpg
翠玉白菜は本館、それ以外は平成館に展示されています。
こちらは20分待ちとありましたが、並んでいる列を見てもすぐに入れそうでした。プレートの待ち時間はすぐに変えるようになって面倒だから20分だったのかも。10分くらいで入れました。
見たかった【赤壁図巻(せきへきずかん)】は後期の展示で残念ながら見られなかったorz
皇帝のコレクションだけあって、どれも素晴らしいものばかり。金にものを言わせ集めた感がバリバリ。
刺繍図軸は見事すぎて、絵にしか見えないんですよ!影も刺繍だし、絵にはない立体感と絹糸の光沢も美しい。
青磁もやはり綺麗な青でうっとりでした。貫入は志野焼などとはちょっと違って軽く入っている感じで、弱いのが素地の色と合う。
七宝焼きの藍地描金粉彩遊漁文回転瓶(らんじびょうきんふんさいゆうぎょかいてんへい)の藍色がとってもきれいで、この青を持ち帰りたかったです。二重の作りになっていて、中の瓶を回転させると、外側の瓶の窓から金魚が泳いでいるように見えるという、技巧作品です。
【人と熊】 (どこぞのおじさんが人を「このうさぎ」て言ってたw)は4センチくらいの非常に小さいものなのに、熊の顔はユーモラスだし、人の顔もしっかり彫られていて、技巧の高さに驚くばかりでした。
これも翠玉白菜と同様にひとつの石から彫られているのですからすごいです。

ちょうど伊能忠敬の日本地図が展示されていたので、それも見てきました。
すごい描写力!地図としても美術品としても通るんじゃないかって思いました。衛星写真にも引けを取らない地図を江戸時代に徒歩で成し遂げたって、大偉業ですよ、ほんと。少年陰陽師新刊新章の舞台部分の地図があって、一人でにやにやしてました(笑)
平成館を出たら待ち時間は40分、翠玉白菜は140分になっていました。

東洋室で展示中の 官窯青磁 を見てくるのをうっかり忘れたんですが(泣)どれもこれも素晴らしい美術品の数々に目の保養でしたvvv

今回の特別展のお土産。
kokyupostcard.jpg
上:翠玉白菜
下:赤壁図巻
のポストカードを買ってきました。
ポストカードって小さな図鑑のようで好きなんですよね~。
小学生の頃から家族旅行でどこかへ行くと、お土産にポストカードをよく買ってもらっていました。中学に入っておこづかいを貰えるようになると自分で買ったりして。
今もなお買い続けています(笑)
【人と熊】と【藍地描金粉彩遊漁文回転瓶】のポストカードは品切れで買えませんでした。残念。
8日以降は翠玉白菜の展示が終わり空いていると思うので、行ってみてはいかがでしょう。
中国美術に詳しくなくても楽しめると思います。
前売りは1400円でしたが、当日券は1600円とちょっと高いですけどね。でも、すごい数の美術品が来日しているので、一見の価値はあるかと。

次は何を鑑賞しに行こうかな~~♪
2014_07
02
(Wed)23:44

御朱印帖入れ

今日も絶賛寝不足な紗月です。
昨日のウィンブルドン4回戦、ベスト8の壁は厚かったですね(><。)ビッグサーバーは乗ってくるとほんとに厄介。
そして、改めて松岡さんのすごさを再認識。松岡さんは、フィギュアスケートの浅田選手を真央「さん」と呼んでいるのにも好感を感じています。多くの人が「ちゃん」と呼ぶ中で、浅田さんをアスリートとして見ているのがとてもいいなあ、と。

さて、そんなこんなで、今日のカテゴリはテニスではなく、ハンドメイドです。作る カテゴリとどう違うんだって感じですが(^^;)
ハンドメイドは工芸とか手芸、作るは工作 といった感じでわけて…いるはず。

出雲に行く前か帰ってきてからか、いつ作ったか覚えていないのですが、御朱印帖入れを作りました。
画像があるので、今日はたたみます。

続きを読む »

2014_07
01
(Tue)21:24

今日は4回戦

28日の3回戦、雨で押された試合は8番コートに移り、試合開始。
雨で遅れたので、NHKしか見られないのに、ライブで見られました…!ヽ(^▽^)/
危ないところを何度もしのいだ圭くんから間が離せませんでした。
あとツーポイントでゲームセットになってしまうピンチからのエースやウィナーは凄かった!!
タイブレークはもちろん、終始テレビ前で一人でわーきゃー応援してました。真夜中に少し騒がしく(笑)
最終セットはスリーゲームオールで、サスペンデットになって、えーーっ!でした。4時半まで起きて観戦してて、29日は休みだから30日に持ち越し。
おあずけ_| ̄|○
もちろん昨日も観戦しました。あっという間に決着がつきましたが、4回戦進出&16入り。
ワインで祝杯をあげつつ、圭くんのインタビューを見てから寝て、朝を迎えました。
で、今夜は4回戦。wowowでもまだ試合開始してないかな?NHKでは0時から放送なので、今夜も観戦してから寝ます。
もうテニス観戦のためだけにwowow加入しちゃうかと本気で考え始めましたが、家族はテニスはそう好きでもないみたいなので(ゴルフはよく見てるけど)テレビを捨てて広くなった部屋にまたテレビを置いてからにしようかと。

圭くん頑張れーーーっ!!!

テニスが落ち着いたらハンドメイドの記事を書きたいと思います。画像は用意したので。
テニスに夢中で最近ブログを見に行けていませんが、落ち着いたら回りたいです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。